夢わらべ(ゆめわらべ)

¥ 25,920

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,620円
    • 東北

      • 青森県 1,296円
      • 岩手県 1,296円
      • 宮城県 1,188円
      • 秋田県 1,296円
      • 山形県 1,188円
      • 福島県 1,188円
    • 関東

      • 茨城県 1,188円
      • 栃木県 1,188円
      • 群馬県 1,188円
      • 埼玉県 1,188円
      • 千葉県 1,188円
      • 東京都 1,188円
      • 神奈川県 1,188円
      • 山梨県 1,188円
    • 信越

      • 新潟県 1,188円
      • 長野県 1,188円
    • 北陸

      • 富山県 1,188円
      • 石川県 1,188円
      • 福井県 1,188円
    • 東海

      • 岐阜県 1,188円
      • 静岡県 1,188円
      • 愛知県 1,188円
      • 三重県 1,188円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,296円
      • 京都府 1,296円
      • 大阪府 1,296円
      • 兵庫県 1,296円
      • 奈良県 1,296円
      • 和歌山県 1,296円
    • 中国

      • 鳥取県 1,404円
      • 島根県 1,404円
      • 岡山県 1,404円
      • 広島県 1,404円
      • 山口県 1,404円
    • 四国

      • 徳島県 1,512円
      • 香川県 1,512円
      • 愛媛県 1,512円
      • 高知県 1,512円
    • 九州

      • 福岡県 1,620円
      • 佐賀県 1,620円
      • 長崎県 1,620円
      • 熊本県 1,620円
      • 大分県 1,620円
      • 宮崎県 1,620円
      • 鹿児島県 1,620円
    • 沖縄

      • 沖縄県 2,484円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

 小林ミドリ竹籠店では、竹細工作家・小林ミドリが独自にデザインして編み上げた、竹籠を販売してきました。「いかに使っていただけるか」という用の視点と、繊細で美しい民芸品としての美の視点を兼ね備えた竹籠です。
 その中でも、作家・竹久夢二の文集に描かれていた籠をモチーフにした「夢二籠」は世の脚光を浴びました。小林ミドリは、黄綬褒章、日本民芸協団最優秀賞3年連続受賞、新潟県知事賞などを受賞しています。
 夢二籠よりひとまわり小さい籠です。ミドリさんに初孫が誕生したときに作られた竹籠です。おむつや哺乳瓶、着替えなどを入れて使用するのにぴったりの大きさです。
 軽くて耐久性に優れたしなやかな竹籠は100年使えると言われており、製造時は青みがかった色の竹が、時間が経過すると味わいのある飴色に変化していきます。
 竹には「抗菌性・消臭性・通気性」があり、水切り籠やお弁当箱など、食品や食器、衣類を清潔に保つ事ができ、1日に1メートル成長する事もある竹は環境に優しいエコ素材です。
 和を感じられるインテリア収納として、末永く毎日使って頂きたい製品です。昔から愛されてきた当時のままの竹籠を、暮らしに取り入れてみませんか。
===
夢わらべ(ゆめわらべ)
サイズ:幅280 奥行190 高さ190(350)mm
素材 :竹(国産)
===
新潟県・阿賀野市にある五頭山の竹を使用しています。
山の厳しい環境の中で育った竹は固くて丈夫です。
細く見える持ち手部分も、意外とがっしりとしています。

籠の縁部分も五頭山の竹で巻いてます。
隙間なく巻いてあるので、手触りも使い勝手も抜群です。

籠の底には力竹が入っているので、重たいものを入れてもしっかりと安定します。

夢二籠よりひとまわり小さいので、ちょっとしたお出掛けや持ち運びに便利です。

小林ミドリ竹籠店は、これからも伝統的な技術と新しい発想から生まれる製品を作り続け、
伝統技術の継承と現代社会にマッチした新しいモノづくりを発信してまいります。